神奈川県で大規模修繕工事をしたとき

神奈川で業者を探したが、すぐ見つかった

その様な訳で、私はその家の大規模修繕工事の計画を立て、まずは業者をどこにするかを考えたのですが、業者はすぐに決まりました。
同じ神奈川の業者にしたのです。
同じ神奈川県であれば、フットワークも軽く、工事の取り掛かりも早いかと思ったからです。
また、予算についても考えました。
と言うのも予算が高すぎるならば大規模修繕工事では無く、建て替えた方がメリットが大きいという判断もあり得たからです。
確かに建て替えの場合には工事の費用が膨らんでしまいます。
しかし、家が立派になるのであれば家の売却を視野に入れることも考えられました。
その様なことを考えもしたのですが、結局は大規模修繕工事をすることに決めました。
親戚関係の意見もあり、そうせざるを得なかった訳です。
さて、工事の内容ですが基本的には家をスケルトン化し、壁と屋根を作り直すことに決まりました。
スケルトン化するのであれば建て替えた方が良いのではとも思いましたが、業者から話を聞いてみるとスケルトン化の方が経済的メリットが大きいとの答えが返って来たからです。
そして工事が実際に始まると、実に大きな物となりました。
と言うのも結構大きな家だったので取り外す壁や屋根の量が多く、思っていたよりも手間が掛かったからです。
私はこの工事を見て、もしかしたら追加で料金が発生するのでは、と思いましたが、実際にはそういう事態には至らずに見積もりの金額に納まりました。
次の段階としては壁と屋根の設置で、そこの部分で私は壁と屋根に注文を加えのです。
今までよりも性能の良い断熱材を入れてほしいと言ったのでした。
断熱材は実は重要な部材で生活する場合の光熱費を左右します。
そのために生活費が変わって来るからです。

今日は仕事が休みで、StayHome してるのですが、マンションが大規模修繕工事中で、今ちょうどウチの周りの外壁辺りでドリルの音が😩😩😩

なので、対抗してチア男子を爆音で再生中です(๑و•̀ω•́)و

模様替え中なので流し見のハズですが、ハルの声がすると見入っちゃう🤣#チア男子 #横浜流星

— 🐼こぐりっち🐾 (@kogurich) May 11, 2020

家が老朽化し、大規模修繕を検討神奈川で業者を探したが、すぐ見つかった古い家がリフォームされて新築のようになりました!

大規模修繕工事 神奈川 | 東京・神奈川・埼玉の大規模修繕